裏話「ぼっち婚活」はなぜ最強なのか?

スポンサーリンク

昨日からぼちぼちブログ更新をしています。

欲ねる子です(゜B゜)ノ

 

もう一つのブログのほうも更新をしたので、婚活話はそちらをどうぞ

yokunelco.com

 

寒さのあまりにブログを放置しすぎたので、ワードプレスの書き方を一から学んでいます(笑)

ぼちぼち更新ですが、昨年よりいろいろ書けるといいな~と思っております。

 

 

さて、今回のお話はこちら

裏話「ぼっち婚活」はなぜ最強なのか?

ブログで本テーマにするまでもなさそうな裏話的なところをお話していこうと思います。

 

 

裏話「ぼっち婚活」はなぜ最強なのか?

f:id:yokunelco:20190222131210j:plain

ひとりを楽しむ女性

ぼっち婚活という言い方をするといい印象がありませんが、ここでも書いているとおり、一人で行動できる女性は「自立したオトナ」

 

たまにいるのですが、女友達とどこでも一緒で「ズッ友だよ☆」とキャッキャしつつ、その実、単純に共依存しているような関係性は、異性にバリアを張っているようなもの。

近づきがたい空気がめちゃめちゃ流れているのです。

 

まともな男は「うん、近づけない。無理!」と白旗上げて遠ざかってしまいます。

 

そんな状況に気づかずに「最近の男って草食系しかいないから、声かけてきてくれないよね~」とか言っている場合じゃないんです。

 

目を覚ますんだ!

死ぬぞ!(お先真っ暗的な意味で)

 

友達は大切ですが「友だちと共倒れ」なんてことにならないように、自分の芯の部分は譲らないようにしましょう。

 

自立の妨げになるような友だちなら、いっそ一人ぼっちのほうが清々しいです。

ひとりで行動することを恐れないでください。

 

 

友達と一緒の婚活は失敗しがち

本編ではかな~り口をにごしましたが「友だちと一緒に婚活☆」は失敗しがちです。

あなたの友達のことを悪く言いたいわけではないのですが、その「友だち」が恋愛の助けになることばかりではないはず。

 

お互いに自立していればいいのですが、友達関係が依存によって成立している場合は「友だちよりも男をとるなんて最低!」とか「なんでアンタばっかり幸せそうなの!」みたいなめんどくさいことを言う女友達の茶番に巻き込まれることになります。

 

友達も大事だけど、人生のパートナー選びも大事だよ!?

 

もしも友だちが「わたしと男とどっちをとるの!?」みたいなおかしいことを言い出すようになったら、メンヘラの一歩ですからそっと距離を置きましょう。

そっ・・距離

です。

依存、よくない、絶対。

 

 

自分のことを見直せる

f:id:yokunelco:20190222132733j:plain

ひとりで婚活をするということは、自分の長所、短所と真正面から向き合うことになります。

というか、向き合わないと戦略が立てられない。

 

なにもかんがえずに「いい条件の男いないかな~、年収は500万以上で~、家事育児してくれて~、掃除しなくても文句言わなくて~、最低でもフツメン以上で~」とか言ってる場合じゃない。

 

そう、友だちと遊び半分で婚活している人には分からんのです。

自分の客観的な姿が。

 

よくある光景です。

「なんて彼氏できないんだろー」

「男が見る目ないんだよ~。〇ちゃん可愛いし料理もできるし、彼氏いそうだもん」

「でもできないんだよね~」

「気にすることないって!今は晩婚化してるんだし、うちらみたいなのゴロゴロいるじゃん?だいじょーぶだって」

「そうだよね!」

 

って、そうじゃない!

 

論点ずらされてるから~!

結論出さないままにごまかされてるから~!

 

これもやさしさなんだけど、現実逃避にしかなってないというお話。

私自身そうだったから思うんですが、友達といるとラクだし楽しいけど『あえて欠点を指摘してくれるようなことって少ない』んですよね。

 

逆に、浮ついて上から目線になっちゃってる友だちを見て「これはやばい」と思って「一緒にいて安心できるとか、尊敬できるとか、内面も見てみたら?」と言ったところで、一ミリも伝わらない。

 

「よく言われる~ww分かってるけど、選んじゃうよね~」と流されるのがオチです。

冗談じゃないのに、冗談で済まされるケースです。

もしかすると「あんたに言われたくないw」くらい思われているのかもしれません。

友達って「良くも悪くも同等」ですから、

 

友達って難しいね!

 

そんなわけで、一人でじっくりと自分を見直す時間を持つことは大切です。

ぬるま湯は気持ちいいけど、成長はさせてくれないので・・・。

ともに前を向いて切磋琢磨していける友達って希少ですね。

 

 

まとめ

多くの人は、長い人生の中で「たまに友だちと関わること」はあっても「友だちと生涯を共にすること」は少ないです。

 

友だちは大切ですが、あなたの人生の面倒を見てはくれません。

「友だち」という言葉に振り回されがちな人は、一度ひとりで行動したり、ひとりで自分を見直したりしてみてはいかがでしょうか?

自分の新しい側面や、新しい魅力に気づけるかもしれませんよ?

 

 

友だち、の言葉に振り回される人生ってどんなの?という人はこの記事をどうぞ

yokunelco.hatenablog.com

ではでは!(゜B゜)ノ