神社で写真を撮るときのお作法

スポンサーリンク

こんにちは、とりです。(゜B゜)

ちょっとタイミング遅いけど、わたしの新年初笑いをひとつご紹介。

f:id:yokunelco:20180117122446j:plain

 

笑った。

批判とかじゃなくて、若いっていいよねぇと思いました。

(゜B゜)ノ

 

謙虚に写真を撮る方法

さて、上記でも話題になっていた「謙虚に写真」を考えてみましょう。

 

彼女たちは、真ん中より少し端に寄ったサイドから写真を撮っていました。

その辺が「謙虚に写真」と言った理由でしょう。

ほかの人の邪魔になもならないし確かに謙虚。

でも実はほかにも大きな訳があります。

 

実は、神社の道の真ん中は通ってはいけないのです。

 

参道だから、どこ通ってもいいでしょ?という風に思われるかもしれませんが、そこにはある理由があるのです。

 

神様の通り道

神社の参道におけるど真ん中

そこは神様の通り道です。

 

ちょっとした気持ちの問題ですが、せっかく初もうでに来たのならば、神様のご利益を受けたいですよね?

 

というわけで、参道の真ん中は通らないように端に寄って歩きましょう。

 

同様に、本殿にお尻を向けて真正面から写真を撮るのはやめましょう。

写真の見ばえを良くしたいのは分かるのですが、神様のいる本殿に対し真正面にお尻を向けることになるので・・・まぁ、あまりいいことではないですよね。

 

神社で写真を撮るベストポジション

本殿にお尻を向けず、参拝者の邪魔にならない端の位置で、

本殿がバックに映るように斜めに写真を撮る

f:id:yokunelco:20180117125221j:plain

はい、こうです!

 

おわりに

ご利益の多い年にしたいですねー!

ではまた(゜B゜)ノ