単純とシンプル

シンプルに日常を追求

    
 

9年使っても強力な吸引力!! わたしがツインバードの掃除機をオススメする理由&洗ってみた時の写真

スポンサードリンク

うちの掃除機は9年使ってまだ健在

ちなみにツインバード社製です。

とりです(゜B゜)ノシ

 

先日、掃除機を洗っていたところ、とんでもないことに気付生きました。

『2008年製』と書いてありました。

f:id:yokunelco:20171013222401j:plain

2008年・・・?(゜B゜)

今って2017年だよね。

 

約9年前えええぇぇぇぇぇ!!!

Σ(゚д゚lll)ガーン

 

 

自分の物持ちの良さにも驚きますが、9年もの間、故障のひとつもなしに動き続けた掃除機の実力にも驚きます。

今日はそんなツインバード社製の掃除機を洗った話をメインにお話してみましょう。

仕組みが分かればおすすめする理由も分かりやすいかも。

 

ツインバード社製の掃除機って?

わが家で使っているのはこれ

(゜B゜)ノシ

と詳細情報の分かるリンクを上げておきたいところだけど、さすがに9年前のものはないので後継機ですね。

 

 現在も売っているものだと、これが一番近そう。

2009年発売とあるので、わたしの持っているものの次に出たものかもしれません。

TWINBIRD スティック型クリーナー パワージェットサイクロン220 スケルトンブラック TC-E136SBK

TWINBIRD スティック型クリーナー パワージェットサイクロン220 スケルトンブラック TC-E136SBK

 

スティック型掃除機にしては格安です。

 

うちのは購入当時3000円くらいで買ったものだから『安いし、おもちゃみたいなのが来たらどうしよう』と心配しつつのネット購入だったのですが、予想外に吸引力が強かったことが印象に残っています。

 

ツインバード 掃除機 スティック型クリーナーパワージェットサイクロン220 TC-EA36W ホワイト

ツインバード 掃除機 スティック型クリーナーパワージェットサイクロン220 TC-EA36W ホワイト

 

現在、最新のものだとは吸引仕事率220wのものが出ているようです。

わが家のものは150wなのでレベルアップしたんですね。

 

ちなみに、うちにはダイソンのコードレス掃除機もあるのですが、そのサブ機として現役で活躍中です。

ダイソンには負けるものの、まだまだ強力な吸引力で、重宝してますよ。

 

スティック型は場所も取りませんし、夫婦二人が同時に掃除機を使いたい時なんかはケンカにならずに済みます(笑)

夫が掃除機をかけることはなくなりましたが、今でもよく使う部屋に1本ずつ置いて、すぐにかけられるようにしています。

f:id:yokunelco:20171013223431j:plain

9年たっても第一線で働く良い機種です。

個人的な体感になりますが、ダイソンにも劣らない使い心地で、好き。

どちらもワンタッチでゴミが捨てられるし、洗える衛生面の良さもお気に入りの理由です。

 

頻繁に掃除機をかける( 1日に1回15分程度 )割には、故障ひとつしたことがないので、その丈夫さや長持ちさもおすすめできるポイントです。

3000円でこんなに長く使えるとは思わなかった。

(=゚B゜)=3

 

ツインバード掃除機を洗ってみた

f:id:yokunelco:20171013222340j:plain

洗う前の掃除機は・・・9年間洗ったことがなくて汚かったので割愛します。

上の部品の2・3のホコリを簡単にとりのぞいたりはしてましたが、洗うのは初めてでした。

 

前にダイソンの掃除機を洗って、フィルターが生乾きのままつけて納豆のような異臭がするという失敗を起こしてから、掃除機を洗うのが怖かったんですが・・・さすがに9年も使うと失敗したところで何も思わないですからね( ちなみにダイソンフィルターは洗いなおすはめにになりました )

 

でも9年も使えば、ねぇ・・・

何も考えずに洗いました。

(゜B゜)=3

 

なので、組立ての様子をご紹介していきます。

 

組立て

f:id:yokunelco:20171013222340j:plain

洗える部品は以上の通り

(゜B゜)

5つですね。

 

さっそく組み立てていきましょう。

f:id:yokunelco:20171013222345j:plain

部品の分解もカンタンですが、組み立てもカンタンです。

もともと、洗うことが想定して作られた製品なので、洗える部品は5つしかありません。

  1. ゴミタンク
  2. フィルター1
  3. フィルター2
  4. 留め具1
  5. 留め具2

の5つだけ(゜B゜)=3

 

そのうち1のゴミタンクは先に『掃除機のノズル』がついていますが、さすがにそこは洗いません。

わたぼこりがが詰まることもないし、きれいに見えたので洗う必要はなさそうでした。

 

f:id:yokunelco:20171013222349j:plain

こちらもカチッとかんたんにつきます。

この状態のまま、1のゴミタンクにつけます。

f:id:yokunelco:20171013222358j:plain

こどもでもラクに取り付けが出来そうな、分かりやすい仕組みが魅力!

f:id:yokunelco:20171013222353j:plain

最後は、留め具2を上からのせるだけ。

あとは掃除機のエンジン部分をカチッとつけてしまえば、いつでも掃除機をかけられる状態が完成します!!

f:id:yokunelco:20171013222401j:plain

来年も使い続ければ10年目に突入です。

本当に壊れないし、洗ったら吸引力が増しました。

どうやらホコリのつまりで吸引力が落ちていたようです。

9年の汚れを落としただけで、ダイソンに負けないんじゃないかと思うほどの吸引力になりました。

 

このままだと、あと5年は現役で活躍してくれそうな勢いです(笑)

3000円くらいだし3年使えればいいやーなんて思っていましたが、意外や意外!

良い買い物でした!

 

今後、スティック型掃除機を買いたい方にはおすすめしたいアイテムです!

足の部分にローラーがついていて移動もラクラクなので、今さらヨコ型の掃除機を買う気にもなりません。

 

コードレスが良い場合はダイソンをおすすめしますけど、電源コードありで安いのが欲しいなら、ツインバードがおすすめですよ。

ツインバード 掃除機 スティック型クリーナーパワージェットサイクロン220 TC-EA36W ホワイト

ツインバード 掃除機 スティック型クリーナーパワージェットサイクロン220 TC-EA36W ホワイト

 

 

マタネ(゜B゜)ノシ