単純とシンプル

シンプルに日常を追求

    
 

インスタントコーヒー瓶は昆布の保存に最適!

スポンサードリンク

とりです!(゜B゜)=3

インスタントコーヒーの瓶には恨みが多いのですが、先日活用法を見つけたのでどうぞ。

インスタントコーヒーの瓶が好きではない理由

f:id:yokunelco:20170927162202j:plain

わが家ではコーヒーの消費が遅い!!

原因はそれに尽きます。

コーヒーの消費に対して、コーヒーが悪くなるスピードが速いのです。

あんなにパコッと簡単に開く瓶では、わが家のコーヒーの安全は守られないのです。

 

今までの経験上、コーヒーを開ける時の紙を瓶にあたる部分だけ残してみても、逆に全部をはいでみても、悪くなりました。

 

これはもう相性が悪いとしか言いようがない。

(´・B・`)

 

湿気が入った瓶には、いずれえカビが生え、久しぶりにコーヒーを飲もうと出した時には白く粉ふいたコーヒーが・・・

Σ(゚∀゚ノ)ノギャー

なので、わたしはインスタントコーヒーを買った時は別の密閉容器にうつしています。

 

捨てるためにと洗うと、けっこうシンプルなのがコーヒー瓶

 

瓶にくっついたノリの部分も、洗うことでキレイさっぱり取れるので、今度は密閉性も期待できそう。

モッタイナイ(=゚B゜)=3

 

今回はコレを再利用してみました。

 

取り出しやすくて広口の瓶の活用

コーヒー瓶の利点は、広口の瓶で取り出しやすいこと!

カパッと開けやすいことも特徴のひとつなので、日常でよく使う食材の保管に良さそうです。

じゃあ、これを入れましょう。

f:id:yokunelco:20170927162157j:plain

昆布です!(゜B゜)ノシ

 

使いやすいサイズになるよう、調理ばさみでパチンパチンと切ってしまえば、ちょうど瓶に入るサイズに。

f:id:yokunelco:20170927162152j:plain

入れるとすっきり収まりました!

除湿剤があれば一緒に入れてもいいかもしれません。

 

わが家では昆布を頻繁に使うので、こんな感じでOK

いちいち昆布の袋をガサガサする必要もないし、ジップロックの口が閉まりにくい~とモヤモヤすることもない。

 

むしろ『ワンタッチで開く昆布のため瓶』認定します。

外からも残量を見やすく、理想的な昆布瓶です。

 

誰もやってない気がするけど、おすすめですよぉ!

マタネ(゜B゜)ノシ