読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単純とシンプル

シンプルに日常を追求

    
 

それを本気で貧困女子と呼ぶの!?冗談じゃなくて?と思った瞬間

スポンサードリンク

 

こんにちは、とりです。

いつもは炭酸の抜けたコーラのような文ばかり、書いていますが、今回は炭酸成分多めです。

スパークしてます。

普段ぼーっとしてて、たまにスパークするタイプです。

※正直、不快に思う方もいるかもしれませんが、一個人の感想として受け止めてほしいと思います。

えー!不快になるくらいなら読みたくないわ、と思う方はブラウザバックしてください。

切り捨てるのも大事!

判断するのは自分だからね♪

 

 

今朝見た貧困女子報道

ご紹介された貧困女子は2人。

ひとりは音楽関係事務局勤務20代半ばの女性

ひとりは女優希望の28歳のキレイな女性

どちらも特別に贅沢をしている女性には見えませんでした。

 

女優希望の女性はさすがに髪もメイクもツヤツヤの美人さんで、もう一人は真面目に仕事をしてくれそうな落ち着いた外見の女性。

 

そうなると気になるのが人の情。

テレビの演出だと思うのですが、その女性がいかに大変であるかを報道しているわけです。

 

貧困女子というと、最近世間を騒がせているショッキングな話題です。

大抵の場合は奨学金制度とセットにされることも多く、合言葉は「奨学金を返さなくてもいい制度にしないと若者が育たないぞ」です。

最近よく聞く話題ですよね?

 

 

今朝見た貧困女子報道

ここで再度おさらいです。

ひとりは音楽関係事務局勤務20代半ばの女性

ひとりは女優希望の28歳のキレイな女性

貧困女子というと、最近世間をにぎわせている社会の暗部な訳で、非常に気になる訳です。

 

とってもダークなお話です。

仕事を探しているわたしにとっても気になる話題です。

今のわたしが敏感なワードは「貧困女子」「ブラック企業」「時短勤務」「派遣社員」「バイト」「パート」です。

 

気になる!

 

いったいどんな理由で貧困女子のインタビューを受けたのか。

自分が貧困女子だ!!とどこで気づいたのか。

 

 

事務局勤務のAさん

【SWEET ROSE】リアル コスチューム OL 事務員 コスプレ衣裳

※報道を見て得た情報を箇条書きで載せてみます。
 画像はイメージです。

  • ひとりは音楽関係事務局勤務20代半ばの女性
  • フルートを習いたくて音楽専門学校へ行き、年間200万円の授業料がかかりました。
  • 現在は月に32,000円の返済をしており、その返済を40歳まで続けていかなければなりません。
  • 月の手取りはおそらく150,000万ほどのようです( 推測 )

となると、勝手な想像で恐縮ですが、22歳で卒業してそこから40歳までの返済で18年間。

返済は1年に384,000円ですので18年で6,912,000円となり、約700万円

えーと、4年で割ると一年あたり170万・・・アレ?計算間違えた?

普通は利息が付くから、元金より高くなるよね??

学校は4年制じゃないのかな?

繰り上げ返済の結果、ようやく32,000になったとか?

うーん、一部だけ借りたのかな?

( ̄― ̄)ワカラン・・・

何はともあれ、疑問に感じたわけです。

 

たしかに授業料と奨学金の高額さにはビビったけど、こういうのって返すの承知で借りるよね?と。

借りる時には返す時のことを考えて借りるよね?と。

奨学金借りるということは、入学前に大体の必要な金額は親も分かってたよね?と想像すると、本人も自分自身の力だけで返すことは、親と相談して承知の上だったと思うのね。

借りる時に何か思わなかったのかとか、音楽でやると決めて将来不安じゃなかったのかとか、自分が学生時代の頃を思い起こして想像しても若干の違和感。

 

これが医学部に通って数千万円の奨学金を借りて、現在は研修医で体がボロボロになって、病気を発症して仕事を辞めて払えないとかなら分かりやすかったのかもしれません。

苦労した分、仕方ない感があるもの。

お医者さんの、特に研修医時代は死ぬほど大変って聞くしね。

ブラックジャックによろしくでも研修医は大変って言ってた。

 

[まとめ買い] ブラックジャックによろしく

 

40歳まで、15万円の中から月々3万円ちょいを返さなければならないので、キビシイ・・・という感じで番組は進んでいったのですが、これも私たちの生活の中によくある光景のような気がします。

 

わたしの友人にも数人、奨学金を抱えた子がいるのですが、余裕のある子は「卒業や結婚を機に親が払ってくれた」とか、旦那さんに払ってもらったというラッキーな子が数人。

 

普通に返済している子は「仕方ないからね」と自分の出来る範囲でやりくりをして、難しくなれば転職も考えるし、現実をしっかり受け止めている子が数人。

 

気合の入っている子は「早く返済しないと生活がきつくなるから!!」と昼は事務員、夜は牛丼屋でWワークという子が一人。

 

たしかにそれぞれ奨学金には助けられたけど、苦しんでもいます。

でも、この報道の女性を「貧困女子」として公にすると、世の中のほとんどの人が貧困にあえいでいることになる気がするんだけど。

「貧困女子です」とテレビに出る前に出来ることはあるんじゃなかろうか。

 

仮定として・・・

女性の月の支出を考えてみましょう。

 

  • この女性は手取り15万円
  • 毎月3万が減ったとして、残り12万
  • 住居費が大体5万円を想定して、残り7万
  • ざっと自炊で食費2万、水道光熱費1万5千として、残3万5千
  • 携帯があるとして1万消して2万5千
  • 保険の掛け金が安くて5千円と考えると残り二万円。

 

残りを貯金と、自分の自由になるお金と、日用品費や衣類費と考えると、確かに足りないのかもしれない。

これは少し大目に引いているので、余裕を持った計算。

 

実際に残るのはもう少しあるんじゃないかな。

住居費も安いところに住めば、あとすこし減らせるかも。

実家住まいだと、返済に充てれるお金がさらに増えますね。

 

冠婚葬祭費とか急きょ必要なお金を考えると、普段からの貯金が重要になってくるでしょう。

 

というか、この女性の手取り15万円というのも、私が思う「一人暮らしで最低これくらいは欲しい!!」という最低ボーダーラインなので「私は貧困女子!!」と感じる気持ちは分からなくもない。

 

わたしの独身時代も同じような内訳だったし、気持はわかる。

お金はないし、休む暇もない。

わたしもそんな時代があったので、理解はできる。

 

が、

この女性・・・返済のためにも働く環境を変えようとは思わないんだろうか?

たしかに転職は怖いけど、間違えなければ異分野でも活躍できるし、金額アップもすることはあるんだけどな、と考えてしまいました。

音楽関係の分野で働いている以上、この分野で働くことが生きがいで・・という理由もあるのかもしれないけど、現実を見ることも大切だよねと思ったわけです。

 

今は経験や経歴を気にしなくてOK!+若者正社員チャレンジ事業 みたいなのもあるので、割と転職しやすいですけどね。

ハローワークでも、面接とかを工夫すれば異業種で収入アップも可能なので、20代の内に転職するのは一つの手だと思います。

 

ひとりは女優希望の28歳のキレイな女性

女優 10

顔立ちも整っていて、髪はツヤツヤ。

とても素敵なのですが、28歳夢追い人・貧困女子というだけでボンビーガールという番組を思い出してしまうのは私だけでしょうか。

たしかに貧乏女子ではあるかもしれないけど、貧困?と感じる。

 

彼女の貧乏エピソードは、幼稚園で使うエプロンも買ってもらえないくらいに貧乏。

当時、幼稚園で借りた割烹着で写っている写真がアップで表示されました。

 

あとは自転車を買ってもらえなかったから、友達の自転車に並走するように全力で走る日常を続けているうちに、誰よりも足が速くなって運動会でも一位をとっていたエピソードとか、そんな時のごほうびがご飯の上にベビースターラーメンが乗っているとか、他にはない体験を披露してくれました。

 

で、「あれ、うちは他の家とは違うぞ・・・もしかしなくても貧乏だよね?」と気付き始めた時の決定的なエピソードとして、おばあちゃんちのエピソードがあるのですが、

おばあちゃんちに行くと、ザリガニの味噌汁と、色んな虫の佃煮が出されたそうです。

エーッ!俗にいうざざむしじゃん( ゚д゚)

・・・うん、まぁ、確かに。

そりゃ驚くよね。

あれ、うち貧乏なのかなって気付いちゃうかもしれない。

 

この女性のストーリーはなかなかショッキングですね。

違う意味でね。

特におばあちゃん家のくだり。

ザリガニは昔の人にとってごちそうだという話も聞いたことはあるので判断は難しいけど・・・あ、ばい菌の関係もあるのでマネしちゃだめですよ。

お腹壊すらしいですよ。

ザリガニのひみつ―ザリガニはかせになれるよ! (かわいいペットの飼育方法101)

で、話の中で女性が「貧乏は親の代からだと思っていたけど、祖母の代からなんですよ!!遺伝なんです」と言ったところで、すかさずインタビュアーが「それを貧困の連鎖と言っているんですが」となり「でも、親がいつも笑顔で弱音も吐かない人だから、辛いと感じたことはなくて~」みたいな話に移行していきました。

 

え、それでいいの?

話ちゃんとつながってる??

 

うーん、そもそも私が思ってる貧困の連鎖と違う。

わたしのイメージする貧困の連鎖って、こどもが「大学行きたい」って言っても「うちはお金がないから大学なんて出せないから働け」となり高卒で働き始めるから、低学歴で低賃金とか、そういうのなんだけど。

貧困→低学歴→低賃金→貧困

という一連のローテーションが回り続けるのが貧困の連鎖で、その要因は教育に対する無理解から親に反対され、進学できなくて~って思っていたんだけど、どうもこの家庭は違うっぽい。

 

おかあさんにそんな感じがないということは、話に一切出てこなかったお父さんが毒親( 子供の人生を滅茶苦茶にするタイプの親のこと )なの??と疑問が膨らむ。

 

わりと小さい頃から父の暴力とお金問題にまみれて涙を流さざるを得なかったような女性が、父性を求めて悪い男( 暴力父親に似た男 )に貢いで~とかなら、まだわかる。

共依存的な、止めたいけどやめられないみたいな泥沼の関係は気づきにくいし、気付いてもどうにもできないことが多いから。

 

わたしが知ってる貧困の連鎖に当てはまらない。

 

この女性の場合は確かにビックリするほどの貧乏ではあったんだろうけど、良好な家族関係の中で貧乏な生活習慣だけが家族関係を通して身についただけじゃないのかな?と疑問を感じたり。それを貧困の連鎖と言われてしまうと・・うーん、なにが正しいんだろ。

 

もしかしたら、彼女の笑顔の裏には壮絶ないじめとかもあるのかもしれないけど、テレビ上に出された情報だけでは、貧困女子として報道されると正直戸惑う。

親の浪費癖が子供を苦しめるタイプの貧乏の連鎖とかもあるけど、それとも違いそうだもんねぇ。違和感しかない。

 

最終的に「今後をどう考えていますか」みたいなインタビュアーの質問に対して「今はまだまだだけど、女優として成功して母に楽をさせてあげたい」みたいな話になっていたのですが・・・

え、それで本当に大丈夫?

( ゚д゚)

と他人事ながら不安になりました。

インタビュアーも「貧困女子としての今後」を聞きたかったのであって、女性の願望を聞いているわけじゃないと思うんだけど。

 

それに彼女の返答もおかしな話で。

母に楽をさせてあげたいなら、地に足の着いた仕事探して今すぐ旅行でもプレゼントしてあげたほうが現実的だし、単純に金銭的な問題であれば「女優の卵」が売りの内に玉の輿結婚を狙って20代の内に結婚した方がよほど親孝行だと感じる私は夢のない冷たい人間でしょうか。

 

婚活戦線をかいくぐって半年でバタバタと結婚したわたしは、婚活市場の修羅場も垣間見ているので「20代の今のこの子なら引く手あまただろうに・・・」と感慨深いものがありました。

人生イロイロアルナァ( ゚д゚)

 

 

で、スタジオにカメラがもどって、コメンテーターが数人映る。

コメンテーターには現在活躍している女優さんもいたのですが「女優は成功するまでが大変なので・・・それこそバイトとかも。私も同じ女優としてじっくり彼女と話してみたいですね」とお茶を濁したような回答でした。

 

そりゃ濁すよね(゜-゜)

ここまでどん底だぞー貧乏だぞって話しをしておいて、それかいっ!!と。

この貧困の現状を今すぐどうにかしてやろうというくだりが全くないんだもの。

 

貧困女子と言えるのって「脱出したくても脱出できない八方ふさがりの貧困」だと思うのね。

夢を諦めて転職すればどうにかなりそう!なのは貧困女子とは違うと思うんですよ。

夢を追うことが本当に大変だと知った上で頑張っているのはスゴイなと思うけど、壮大すぎる夢を追っている途中だから貧乏なんだよね、となると「ああ・・・うん( 察し )」としかならないじゃないですか。

そもそも本人が納得して夢を追っているなら、貧困女子に含めるのは失礼だし。

え、じゃああの女優の卵の子はなんで貧困女子名乗るの?

 

( 結論 )

本人に責任がなく、かつ納得できない状況( 親の借金など )で、でもどうにもならない貧乏状態にいるなら貧困女子!

わたしは「生活のためなら、まずは金派」なので、余裕がないと分かればお金のためにガムシャラに働くタイプです。

夢じゃご飯は食べれないな、と自分の性格を分かっている人間。

「使うメイク用品は全部プチプライスですませて、ちゃんとした化粧品を買ったのはこの10年でも数えるほどしかない」というタイプのボンビーガールのわたしが、夢に生きる貧困女子を理解できるはずもない。

 むしろ年齢とともに肌のやばさを感じて、最近ちゃんとした化粧品を買うようになったくらいだし、自分を大切にできるようになってきたかも?という喜びがあります。

すこしだけ、まともになってきたのかもしれない。

 

夢のためなら生活を犠牲に出来る!という人が羨ましい時もあるけど、現実と夢の比率は間違えちゃいけないよなぁと感じたのでした。

他人に迷惑かけない内はいいけど、危ない時は現実にサッと戻れた方がいいよというお話。

 

というわけでバイト探してパソコンポチポチしているとりでした。

前の業種関係を伸ばすか、新しい分野で働くか・・・色々あるので迷いますねぇ。

正社員の方が待遇が良かったりもするので、がんばってみるのも手なんですが。