読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単純とシンプル

シンプルに日常を追求

    
 

関東の人は「ぎゅうぎゅう」になれている。

スポンサードリンク

関東の人は押しが強い

関東の人は押しが強いです

同時に、押しに強いです

本日それを改めて実感しました

本当に怖いくらいにこっちを押してきます

無言で、無表情で、ぐいぐいとね

正直怖い

これは関東に来てから私が強く感じることです

 

毎月29日は服の日

らしいです

ブックオフの洋服バージョンありますよね?ハードオフですっけ?

それに行ってきたんですよ

 

最近は熱中症警報が多くて外にも出られないし、新しい服は買わなくていいなーと思っていたのですが、夫から見て私のパジャマがあまりにもよれよれに見えたらしい

 

「新しいパジャマ、買っていいんだよ?」

「いや・・まだ行けそうな気がする!!」

 

正直、パジャマはノーマークだったよね!

私が独身時代に楽天で買ったシルクパジャマ、3年目を超えようとしてます

↑多分これ。三年前はシルクパジャマ自体が楽天に少なかったのですが、今は安価なものが増えてます

ちなみにそろそろお尻が裂け始めているので夫の心配する気持ちも分かる

 

女性として、というよりまっとうな人間としていかがなものかと思う

縫えばいいのですが、ミシンで縫うにも股の部分って素人が適当に縫うにはハードルが高いんですよ

 

丈直しくらいならできますけど、オマタは難関です

 

昔、デニムをダメもとで縫い直してみたことありますけど、ズボンの形状を縫えるって凄いなーと実感する作りをしてました

 

早い話、ダメもとで縫ってダメになりました(笑)

 

そんな訳で、買う一択しかない

シルクパジャマを買った当時は冷えと背中ニキビに悩んで、清水の舞台から飛び降りてサテンシルクのパジャマを購入したのですが、着心地良くてほぼ365日着まくって、のちに洗い替え用まで購入したくらいですから、後悔はしていません

 

しかし、主婦になってから1万前後するパジャマを買う勇気はない

 

ので、とりあえずはパジャマっぽい服を買ってしのごうと思ったわけです

少なくとも夫から呆れられる残念パジャマは金輪際着ないようにしよう!

 

そう思ったのはいいのですがジャージは暑いですし、他にパジャマになりそうな服も家にない

でも急場しのぎの服(しかもパジャマ)にまとまったお金を使いたくはないし、どうせ寝る時にしか着ないなら、気にいったモノが手に入るまでは適当な綿のワンピでもいっかーと思い、総合的に考えた結果、とりあえず古着で美品な綿のワンピを探してみるという結論が出ました

 

主婦はお金持ってないからね!!

独身女子は結婚前に「ある程度金額がするけど長持ちする物」を買っておこうねと提唱したい

 

ちなみに近くにしまむらはない!

そんな訳で状態のいい古着を探しに行きました

それが戦いの始まりでした。。。

 

本題:関東の人は押しが強い

f:id:yokunelco:20160729203806j:plain

↑ 早い話こういうこと(笑)

29日で服の日というモノだったらしく、500円で服の詰め放題とかしていたんですよ

お祭りとか大好きな私としては用がなくとも、体感したい!参加したい!どんなのがあるか見てみたい!

で、人の波に入って服を見ていたのですが、すごい押してくんの

 

ぎゅうぎゅうどころじゃない、ぐぐっと体幹がゆがむのが分かる
バランスなんて取れないし、おっとっととなった先にも人、どけるスキマも無いので当然どけてくれないし配慮もないしみんなガン無視で服をあさってた(笑)

 

関東来てやっと半年がたとうとしてるんですが、あれこれこっち来てからなんかで体験したのに似てるぞーと思ったらアレだった、ほらアレ、ぎゅうぎゅうの

満 員 電 車!

そりゃ皆押し慣れてるし、押され慣れてるって

押しつ押されつ、不快な押され方を強引にされても、不快感を顔に出さずにぐいと押し返す
それくらいないと都会の満員電車とかやってられない

要するにここにいるのは、そんな満員電車に慣れ親しんで生きてきたであろうマダム達である

あれここ戦場じゃね?

("゚д゚)

地方からホイホイ出てきた私なんかが入るべき場所じゃなかった
早々に戦場撤退して、詰め放題ゾーンを抜けて、通常販売ゾーンに逃げたのですが天国でした

満員ゾーンでは変な脂汗が出たので、アマチュアな私は遠くから見てるだけでいいと思ったというお話でした

 

結論:関東の人は押しが強くて、押しにも強い(物理的に)