単純とシンプル

シンプルに日常を追求

    
 

お客さんに安心感を与えるのがプロの仕事

スポンサードリンク

最近、ハンドメイドの先生方のブログを読んでいて思った

ほんとーに、一つの芸に秀でてるセンセーは、他の芸にも優れてる場合が多いってこと

 

そしてプロとして売る以上、

プロとしての自分の技術に対して、常にストイック

だからこそのプライドもある(プライド=誇り、ね)

 

万が一、不備があっても即座に対応するんだろうなという安心感は、見ていて気持ちがいい

(多いんですよ~、素人の品だから繊細に扱えとか、ご容赦くださいとか。それ言っちゃうと終わりじゃね?って思うんですが・・・買う側を一気に不安に落とす言葉ですよぉ~)

 

昨今、ハンドメイドは売る側としての参加も容易にできるようになっちゃっているけど、逆に言うと結構アッレー?な作品も多い

(もちろん自分の好き勝手自分用ハンドメイドを棚に上げてる、笑)

 

だからこそ実感するのが、プロとして仕事している人は凄いなってこと

どんな仕事でも同じだけど、

 

プロとして、お客さんに安心感を与えるってのも大切な仕事

堂々とした態度も料金のうちなんでしょうね

 

 

ここなら・・! って思えるところで買いたいもの

信頼って大事ね(。-`ω-)

 

 

 

・・・何が言いたいかって?

ペン先を新しいものにしたけど、

技術がついていかないんだよぉ

(´;ω;`)

 

すっごく安定しないのよ

一定の水準を常に満たすのもプロ意識だと思うけど・・・

弘法筆を選ばずっていうけど・・・

f:id:yokunelco:20151203232853j:plain

 

 あたしゃー筆を選ぶタイプだわ・・・

 

迷わず古いペン先に戻しました(●´ω`●)

 しばらくはこの相棒(ペン先)と共に歩もう